1. WalkOnWater
  2. バスフィッシング
  3. Fishing
  4. 七年ぶりの七色ダム

七年ぶりの七色ダム

現在の僕のバスフィッシングのメイフィールドは琵琶湖である。

だが、自分の釣り人生の中で最も情熱を注いだフィールドは?と尋ねられるならば迷うことなく「七色ダム」と答える。

僕がバスフィッシングに最ものめり込んだ時期。
「ビッグベイト」、「サイトフィッシング」、「ロクマル」・・・新しい単語がバスフィッシングの価値観を変えた時期。

僕はいつも七色ダムに通った。

自分がボートフィッシングを覚え、その魅力にハマったのも七色ダムだった。

和泉市の「T'sタックル」というビッグベイト専門のプロショップに入浸り、毎日池原七色の手練と情報を交換したものである。
そのショップの手練の中には後にメガバスで名を挙げる若き日の中村哲也氏や当時のマスターズで名の通ったプロもおり、僕もその末席を汚していた。

しかし様々な理由があり、僕のメイフィールドは琵琶湖に移り、そこで自己記録を三度塗り替えついにロクマルを手にするのである。

そんな僕が手にした今年最初の完全休養日のお盆休み(笑)
7年ぶりに七色ダムを訪れた。

同行者はこのサイトで出会い、ともにリザーバーに青春をかけた親友、「デスアダリスト山本氏」。

釣りの結果自体は望み通りではなかった。
しかしそんなことはどうでもいい。






大きな魚を釣りたいだけなら琵琶湖にいけばいいだけのこと。

7年ぶりに訪れた七色ダムは何も変わらずにそこにあった。
否、そう思えるだけなのかもしれない。

所詮リザーバーというのは人工的なフィールドである。
健全な生態系など望むべくもないのかもしれない。

でも、発売直後のモンスタージャックをキャストした時に数え入れないデカバスが沸き上がってきた立木も、
トリプルインパクトで遊んだインレットも、
かわたくさんのクランクベイトが炸裂したシャローフラットも、
B-nobuさんとビッグベイトを撃ち込んだ大岩も、

そこにあった。

あの頃と比べるなら、社会的にはそれなりに向上し、お互いに家族を持ち、タックルも増え、釣りだってうまくなったはずだ。

しかし、クリアウォーターの七色ダムのバス達は、やはりそう簡単には微笑んでくれなかった。

夕暮れに吹く風に、少しだけ秋を感じた。

 

時の流れは早く、もう三十半ばなのだけれど、釣りを続けていれば、その年数と同じだけ思い出や経験が増える。

時にそれを振り返ってみるのも良いのかもしれない。

またいつか、あのフィールドで遊びたい。
きっとまた、あの人と釣りがしたい。

そして、ずっとこのバス釣りを楽しんでいたい。


ページの先頭へ