1. WalkOnWater
  2. バスフィッシング
  3. Fishing
  4. 秋の琵琶湖

秋の琵琶湖

10/5、二週間ぶりの琵琶湖。
初顔合せのIさんとMさん。

Iさんはかなりの琵琶湖ツウ。
対するMさんは人生で2回目(?)の琵琶湖。
みんなで仲良く50アップを釣りたいところ。

朝からドンより空。
「天気予報によれば夕方からの降水確率はあがっている」

ミックでレンジャー362をレンタルして出発。
最近この船がお気に入り。
レンジャーの18フィートは車に例えるならマークXですね。
非常に安定していて運転しやすいけれど、踏み込めば相当速い。

天候的にシャローで巻物で釣れそうな雰囲気なので若宮の2.5mラインに入る。
スピナーベイトで流していくがそう簡単にはヒットしない。
放水が止まりレイクが全体的にクリアになっており、シャローで簡単に釣れるというわけでもないようだ。
結局、Iさんのバイブレーションで一本のみ。

その後アクティバに移動もノーバイト。

東岸に移動。
木の浜の沖のカナダモを狙ってみる。
去年の夏から秋にかけてジグでよく釣れたライン。
3.5mから5mに落ちる浚渫のエッジを狙っていくのだが、一年ぶりなので場所がさっぱり分からない(笑)

適当なフラットを見つけて流してみる。
ジグでバイトがないのでストロングパターンへの拘りをあっさりと捨てて、ベイトフィネスを取り出す。
マルチスティックスライドをウィードの中でネチネチやってると、ラインが横に走る。

なんか細くてあんまり引かなかったけれど、54cm。

「ベイトフィネス+マルチスティックスライド」は困ったときのお助けパターンですね。
ライトリグの割には釣れる魚が大きいのも特徴かと。

その後お目当ての浚渫を発見したのでジグを投入。
ダウンヒルのブレイクに沿ってジグをフォールさせていくとバイト。


これはサイズはイマイチだが、狙い通りの場所でのバイトだったので気持ちよかった。
ゴールデンウィングでガツンとフッキング。
ピュアカーボン高弾性ロッドはフッキングが気持ちいい。

午後からは風がやんだのでシャローのエビモでトップ。
ここでIさんがノリーズのエビフライ、じゃなくてエビガエルを使って怒涛の3連発。
50,48,45cm、しかもバスはみんな太い。
そしてこのエビガエルはやたらとフッキングが良いですね。
フロッグって「出るけどノラない」イメージが強くて滅多に投げないんですが、驚異のフッキング率を見せつけられました。

来年は使ってみようと。

再び風が出始めたので沖へ戻る。
木の浜が午後から不発のため、西岸の名鉄沖へ。
下野御大が初冬にラバージグ投げるエリア。
「時期的には早いかな」と思いながらも、ジグを投げてみるとバイト。

小さいけれど、一本しか出なかった前回と比べれば「3倍返し」達成。
片道切符の出向は免れた。

この一匹で終了。
マリーナに戻る。

出船前、スタッフの人に「大きいのを釣る人は大きいのばかりだし、小さいのを釣る人は小さいのばかりですね」と言われていた。
「50アップ2本、40アップ4本」と報告すると、「良いサイズのエリアに入れたみたいですね!」とお褒めの言葉を頂いた(笑)
ついでに、「今日出たお客さんの中では一番良い釣果ですよ!」とも。
別に競い合うために釣りをしているわけでは無いんだけれど、やっぱり釣り人だからこういう言葉は気分がいいもんだ。

帰りにフィッシングマックスハーバー店に寄り道。
残念ながらノーフィッシュに終わってしまったMさんのために琵琶湖タックルをレクチャー(笑)

琵琶湖で釣りしたことがない人にとっては琵琶湖というのは「とにかくハードベイト投げまくったらデカいのがドカドカ釣れる」というイメージなのかもしれない。
しかし実際には非常に繊細な釣りが要求されるフィールドである。
ウィードにルアーをコンタクトさせながらも、ウィードを動かさない丁寧さ。
そしてそれが出来るかどうかはロッドやラインに求められるものも大きい。
実際野池用のカバーロッドを琵琶湖に持ち込んでも、感度や繊細さという点で使い物にならないことが多いのだ。
琵琶湖で開発されているロッドというのは、どんなに硬くて長いロッドでも竿先の20cmほどは軽くテンションを掛けただけで「スッ」と僅かに入るものが多い。
このわずかなティップの入りで、ウィードの濃さや質を感知するのだ。
この入りが無くてもダメだし、入り過ぎてもダメ。
一見バキバキに見えるコールデンウィングの70Hもエクスグレイブの75Hもデュナミスの70XHもティップはみんなとても繊細なのだ。

ということをマックスのロッドコーナーでひとしきり熱弁。
店員でもないのに4万以上のロッドを一生懸命売り込む僕とIさん。

きっとMさんももうすぐ琵琶湖のデカバスに会えるはずです。

最近は日ごろの行いがとても良いので幸か不幸か雨は降らなかった。
降ったら降ったで巻いて楽に釣れたのかな??

タックルデータ
ロッド:TAV-GP65CLJ
リール:LTX-L
ライン:ニトロン DARM 8ポンド
ルアー:マルチスティックスライド 1/16オンスネコリグ

ロッド:GWT70CHJ
リール:Revo MGX
ライン:FCスナイパーBMS 16ポンド
ルアー:ティムコ パワーグライドジグ3/8オンス+デスアダーツインテールグラブ


ページの先頭へ