1. WalkOnWater
  2. バスフィッシング
  3. Fishing
  4. 琵琶湖

琵琶湖

朝の気温5度、まだ山には雪が残る琵琶湖。

今回は釣友、M氏と。
午前6時、西琵琶湖マリーナに到着。
まあ準備や何やかんやで30分くらいはかかるし、そのうち日も出て温かくなるだろうと思っていたのだが、今日はお客が少ないのかマリーナのスタッフの方が魚探のセッティングから事前点検からアイドリングまですべて行ってくださり、6時10分には出撃してしまうことに(笑)
とりあえず、寒い。

場所も状況もさっぱりわからないので、いつもどおりのラン&ガン。
まずは真野の某マリーナの桟橋
昨年はここでジョインテッドクローにメガトン級がアタックしてきたにもかかわらず乗らなかった。
そんなこんなでバリスタ+ジョイクロからスタートするが無反応。
続いてバラ葦をスタッガー、最後はミオ筋をスワンプで攻めるもノー感じ。
すぐに見切る。

南へ移動。
山ノ下湾のベイマウス
3分で見切る。釣れる気がしない(笑)

カネカ
ここは釣りたい。
毎年、春に必ず40アップを手にするポイント。
しかし釣れない。
スワンプ、ルドラ、ブザービーターをローテーションする。
バックシートのM氏もシャッドやジグヘッドを駆使しているが無反応。
約1時間を費やすがノーバイト。

若宮〜。
この頃から南風が強くなる。
釣りに支障が出るほどではないが、フィネスゲームが難しくなる。
そして釣れない。
やはりタマにしか来ないレンタルアングラーには、手掛かりを掴めないとなかなか難しいシーズンではある。

やや風裏になる井筒の鳥居沖。
ここでも粘るがバイトが無い。
ここらへんでバイトが無いとそろそろ手詰まりである。
8時45分、「ヤバセのシャローやるか・・・
と言った矢先、ショートバイト。
これは乗らなかった。だが思えば、もしこのバイトがなければシャローで玉砕していたのかもしれない。
紙一重だった。

この時、それまではロッドを縦に構えて上段でアクションさせていたのだが、風が強いので下段に構えるスタイルに変更していたのだ。
どうやらウィードの上面をキッチリトレースしないといけないようである。

「9時まで粘ろう。」
その15分で2尾をキャッチすることに成功。
サイズは小さいが、いくつかのヒントを得た。
魚はウィードにベッタリであり、水深は3m。

とりあえず、魚は触ったがサイズが小さいので移動してみる。
北山田の草津川沖の朽エリ。
ノーバイト。というより風が強くてアプローチ不可。
続いて一文字。
ここは条件的には出そうなのだが、ノーバイト。
ヤバセのシャローのアシ。
クランクとスタッガーで果敢に攻めるもノーバイト。

一気に北上。
赤野井沖。
2.5mから入るが、アタリが無い。
3mまでレンジを下げたところでバイト。
まあまあサイズ。40弱かな。

初ネット。
続いて何となく投げたリーチのダウンショットでも釣れる。
やっぱり3m。ウィードベッタリ。

赤野井で12時まで粘るも魚は追加出来ず。
これでだいたいレイク全体をチェック出来たので、再び井筒に戻ることにする。
しかし、その前にアングラーズインのシャローの前のミオ筋をチェック。
めっちゃめちゃ釣れそうなのだがノーバイト。
お昼の時間帯なのでアングラーズインのお客さんなどでボートが多かったのかもしれない。

12時30分。
井筒に入る。
この頃から雲が出始め、再び風も出始めていた。
怪しい雰囲気である。
ブザービーターでチェックしたあと、スワンプに持ちかえる。
すぐにショートバイトが出るが乗らない。
「推定17cmやわ」とM氏と笑う。

再びショートバイト。
今度は乗った。
楽々で寄って来る。
推定250gやわ
M氏に報告。

ボート際まで来たところで、なかなかナイスな突っ込みを見せる
「お??」
と、その次はドラグを鳴らす、さらにパワフルな突っ込みが来た。
訂正、40アップです
M氏に報告。

ボートの周りを一周するファイトを見せるが、こちらのタックルはイレイザー+フロロ5ポンド。
主導権は渡さない。
琵琶湖で何度も悔しい思いをした。
だから操作性を捨ててでも、このパワーロッドを選んだ。

三度目の突っ込みの後、浮いてきた。
次はジャンプだな、とロッドを下げる。
浮いた。
お!ビワコ(サイズ)や!

古くからの釣友、M氏は既にネットを構えてくれている。
無事ランディング。

55cm。

ナイスサイズ。

今年も琵琶湖はこのサイズを釣らせてくれました。

このポイントでさらに2尾を追加するが、漁師が網を入れ出したため終了。
オバケワンドへ移動。
しかし、ここにも網が入る。
アクティバへ移動。
ノーバイト。

ラスト1時間。
赤野井に入る。
やっぱり3mに拘る。
強風。
最後はバイブレーションを投げてみる。
まさしくブザービーターだった一匹。

そしてオマケ(笑)

今回はとにかく3mがキモだということまでは解かった。
55cmの再現は出来なかったが、月1のレンタルボートの結果としては十分だったと思う。

琵琶湖という釣り場で思うこと。
たくさんのタックルを用意してさまざまな状況にあわせようとするのではなく、自分の得意なスタイルで勝負出来るエリアを探して、そこで押し通すことが大事だと思う。
僕の場合なら、巻物orネコリグ。
よって、フラットウィード系のエリアが合っているのだと思う。
今回も色々な場所を回ったが、結局井筒と赤野井でしかバイトは無かった。
別にそこだけが良かったのではなく、ただ自分の釣りが合っていたのだ。
赤野井は特別好きなエリアでも無いのだが、ここ数年は季節を問わず確実に魚を釣っているポイントである。
恐らく、あの広大なフラットが自分にあっているのだろう。
クランクが得意な人、フリップが得意な人、ジグヘッドやシャッドの中層が得意な人、みんなそれぞれに自分にあったエリアがあり、そのエリアで自分の釣りを押し通せば魚は答えてくれる。
それが琵琶湖というフィールドの偉大なところではないだろうか?
去年一年間バスを離れてみて、特にそう感じた。

とりあえず、琵琶湖にはもう今年は行かないでしょう。
バスタックルも片付けました。
いよいよ、バチ抜けです(笑)
ウワサではもう始まってるらしいし。
乗り遅れるべからずです。


記念撮影、まぁ全部僕が釣った魚なんだけど(笑)

最後に、いつも琵琶湖情報を教えてくれたりポイント解説をしてくださるBassHEADSのN氏さん、本当にありがとうございます!改めて感謝です。

ページの先頭へ