1. WalkOnWater
  2. バスフィッシング
  3. Fishing
  4. 加古川

加古川のマグレ

10/29
午後3時半、ドライブがてら加古川へ。
自宅から約30キロ、1時間のドライブ。
微妙な距離とプレッシャーの高さゆえになかなか足が向かないフィールドなのだが、そろそろ川が面白くなってくる時期だし、久しぶりに大きなフィールドでバス釣りがしたくなってきたのでリフレッシュのつもりで西へ向かった。

到着は午後4時半。
先行者が2名。フィネスで攻めている。
話を聞けば、朝からこの場所でやってるらしいが、午前中に一本釣れたのみとのこと。

僕はいつもどおりバリスタ一本。
とりあえず、手前のストラクチャーにコチャックルをピッチングメインで入れていく
以前この釣り方で一発出るだけ出たのだが今日は不発。

やはり岸際のストラクチャー絡みは先行者もいることから相当厳しいようだ。
そもそも減水で岸際が相当プアである。

そこで視点を沖に向ける。
川の流れの変化を狙う
殆どがストレートな流れだが、所によっては撚れや反転流が生じている。
特に瀬の落ち込みと川筋の変化によって大きな変化が出ているエリアに的を絞り、ルアーを集魚力の高いハイフィンホッグバスターにチェンジしてみる。

頭の中では「やっぱり釣れんね〜加古川ってどうしてこんなに僕には厳しいんだろ」なんて被害妄想が始まる。
思えば、このフィールドは過去にも3,4回訪れた事があるのだがバイトが一回あっただけ。一度でいいから釣ってみたいですよ。

「そろそろ上流に移動しよかな」と思った矢先、反転流を抜けかけたハイフィンに下流側から「ガボッ」と激しい飛沫と共に何かが襲い掛かった
ロッドにウェイトが乗ったのを確認してバリスタでフッキングを叩き込む。
しかし、跳ねないし妙にドロドロした引き抵抗。

ナマズだな、これ。でも釣れてウレシイっす。
なんて思いながら、適当にファイトしてドンドン寄せてくる。

と、手元まで寄せてくると「あ、バスやん・・・」ということが発覚。
しかも割りと長い。

いつもどおり強引に抜き上げる。

足元に横たわった魚体は、「あれ、50くらいあるんかな?」と言ったところ。
最近はシーバスばかり釣っているので長さの感覚が完全に麻痺している。

メジャーを当ててキッチリ計測してみると52cm

琵琶湖以外で50アップを釣るのは4年ぶりくらいか・・・
川の魚としては自己記録になるはず。
やはり流れの魚は体高があってカッコエエ。


記念撮影


調子に乗ってもう一枚

自分の中で、川の釣りはとても苦手だった。
紀ノ川、有田川、宇治川、何度も痛い思いをさせられた。
しかしソルトをやりこんで、「流れを釣る」という感覚を少しずつ理解出来てきた事が、今回のヒットに繋がったのかも知れない。

この後、暗くなるまで粘って、もう一発でたのだが、ショートバイトで乗らず。

ただ流れていればいいというのではなく、流れの変化を読む。
そしてその流れの変化に直接ルアーを撃ち込むのではなく、速い流れを利用してルアーを魚の前に一気に出してやる。

こんなことを詳しく書いた所で、河口でメーターオーバーを狙うシーバスアングラーに鼻で笑われるだけなので控えておくが、やはり「ストラクチャー」ではなく「流れ」で釣ったバスという点で自分の中ではうれしい一匹だった。
たまたまサイズが良かっただけで、この魚が20cmだったとしても僕にとっては本当に大きな魚になったはずだ。


ページの先頭へ