10/29 有田川

一日仕事をした後、家に帰ってヤフーオークションで売りまくったCDの梱包を終えると午前0時を回っていました。有田川に向けて出発したのはAM1時過ぎ。以前から有田川は行ってみたかったのですがなかなかスケジュールがつかず、ようやく行ける事になったのです。しかし寒い!!もはや冬なみの寒波のなかの出発でした。
 和歌山市内を抜けたのがAM3時、現地に着いたのはAM4時前。明るくなるまで仮眠。

 6時過ぎ、夜明けとともに川沿いを車で走ってみる。とにかく何も知らないところなのでいろいろ見て回って良さそうな所をチェックして回りました。やはり冷え込みが厳しいので「1風の影響を受けにくい 2流れが弱い 3でも秋なのでベイトフィッシュが豊富(近くには強い流れがある)」を条件に探索。なかなかいい感じのポイントをいくつか発見したのですが、かなり上流まで上ると、「おおっ!!」というエリアを発見。川がカーブして流れがゆるくなり、しかも橋が架かっていて水深に変化もありそうなエリア。釣りを開始することに。

 スタートはDゾーンとスレッジ。前情報もないし、とりあえずいつもの釣りで始めてみました。しばらく移動しながら釣ってみるもバイトがないのでデスアダー(カラー#04)をセットして、橋脚にフォール。
 
  二投目にラインが横に走りました。水がものすごくきれいで水深3mくらいまで透けて見えてしまうフィールド。フッキングした瞬間からファイトが目で見えるというクリアウォーターならではの興奮。川バスならではの強い引きで激しくジャンプしたかと思うと、水中に突っ込んでいく・・これを二回ほど繰り返しました。ベイトタックルとはいえラインは7lb。足元がテトラポットなので中に入られると一発でバーストもありえる状況。慎重かつ大胆に魚を寄せてランディング。「プリスポーンでもこんな魚おらんで・・・」と言うほど太った42cm。ファイト中は「50cmあるんちゃうか?」と思わせる強い引きでしたがウェイト的にもかなりのものでしょう。はじめてのフィールドのファーストポイントでの40アップ。サイズは今ひとつですが、久々の興奮で震えました(笑)

 その後、強風の中で11時過ぎまで粘りましたがバイトなしで終了。移動に時間がかかってしまうのが難点ですね。(車を止めるところがほとんどない)まだまだ撃ちたいエリアはたくさんあります。ウィードのあるポイントを発見して「もらったかな?」と思っりするところもありましたし、天候次第ではいい結果が出そうです。11月にもう一度行ってみます。

 帰り際に、地元で鮎の友釣りをされておられる方と話をすることが出来ました(最近誰とでも話すな・・・)「今年はオトリの鮎をバスにようさんもって行かれたわ〜」と話しておられました(同じ関西なのに方言で何を言っておられるのか分からないことが多少あったが・・・笑)。その方との話の中で攻略へのいくつかのヒントを得ることが出来ました。

 有田川のフィールドとしてのポテンシャルはイマイチ掴むことが出来ませんでした。印象としては「出ればデカイ!!」的フィールドかな?と思いましたが。もう少しやってみないと見えてこないです。きっと流れの中にもバスはいると思います。ただ、浅瀬には漁師さんの網がたくさん仕掛けられているのであまり近づくことは出来ないですね。

 最後にこの場を借りて感謝。
 ほとんど寝ずの釣行で最後のほう頭が動きませんでして、車で移動する際になんとタックルボックスを積み忘れました(汗)気付いてすぐ戻ったところ、鮎の放流をされている地元の漁協の方(?)が預かってくれてて返していただきました。
 本当にありがとうございました。以後気をつけます。