11/13 有田川 毒蛇ツアー

 前回の有田川でデスアダーの毒に侵されてしまい、今回は「毒蛇愛好会」の山本氏にご同行をお願いしての釣行となりました。はじめての共同企画、しかもネットで知り合ってまだ間もない、もちろん一度もお会いしたことのない方との釣行で少し緊張しながらも、「スピニングは禁止で行きましょう」との打ち合わせ通り、ベイトロッド三本にカルカッタとフロロラインを組んだタックルをセットして当日を迎えました。
 午前4時55分。待ち合わせ場所の某有名スーパーに行くと、すでにパジェロに乗った山本氏が待っていました。「おはようございま〜す」、「今日はよろしく〜」堅苦しい挨拶もなく以前からの知り合いのような初顔合わせでした(笑)
 フィールドに到着したのは1時間半後の6時30分過ぎ。ファーストスポットは前回私が40upをキャッチしたエリア。早速マグナムバドでスタートを切る。山本氏はマッドウェーバー。良い音しますね〜欲しくなりました、てか買います(笑)私よりもバズを引くときのリトリーブスピードがとても速く勉強になりました。
 バイトがないので今日のために新調したDゾーンにチェンジ、山本氏はウオデスにチェンジして「50アップが追ってきました〜」。反応が鈍いのでテトラポット周りでスレッジを引いてみる。ジャークのあとのポーズ中にテトラの中から40cmくらいのバスが飛び出してきた!!が、ルアーの手前で引き返してしまった(泣)クリアだからすべて見えてしまう・・・今日は厳しいか?と思っていると山本氏が「釣れました〜!!」見事、デスアダーで30アップクラスをキャッチ!!さすが〜
 その後下流のポイントを周ってみるがイマイチなので、上流にあるという二川ダムを目指すことに。途中、川の流れがよどんでいるよさそうなポイントがあると、その度車を泊めてチェックしてみる。でもとてもバスロッドが似合う風景ではないな〜(笑)できればスピナーで渓流魚を狙ってみたい、なんて考えながらとあるポイントでスピナベをキャストしていると、渓流のなかで山本氏のウオデスにヒット!!でもバスではない、、「何じゃこの魚??」・・・どうやらウグイだそうで・・・かなり大きいし、体がヌルヌルしてるし、ちょっとビックリでした。もしかしたらウグイの日本記録!?
 二川ダムは、なかなかいい雰囲気を出しているのだが岸からつれるようなポイントは皆無。残念ながらほとんど釣りをすることはできませんでした。ダムサイドの下にセメント工場があり、水がとまっていて釣れそうな予感がしたので、工場の方の許可を頂きトライしてみるもノーバイト。雰囲気的には最高な場所はたくさんあるんだけどね。バスはいないのでしょうか??

 結局朝一のポイントに戻る事に。ラスト2時間。すべてをかける。探検が楽しくて忘れていたけど、よく考えると今日はまだバイトを取っていない(笑)デスアダーに全てを賭けようか、とも思うが隣にデスアダーマスターがいるのでは勝ち目がないな(笑)と思い、ブラッシュホグのテキサスリグでテトラポットや橋脚を丁寧に探ることにしました。キャストを繰り返すも残念ながらノーバイト。
  最後に川筋が曲がってボトムがえぐられ水深が落ち込んでいる、その変化を狙うことに。ダウンヒルにそってゆっくりとテキサスリグをトレースしていくと「コツン!!」と明確なバイトが!10時間途切れなかった集中力で瞬間的にフッキング。ロッドに重みが伝わる、が次の瞬間その生命感は消えてしまいました・・・さすがに悔しい〜思わず崩れ落ちてしまいました(笑)


遠くに小さく見えるのが山本氏
お互いロングキャストが基本なので
だいたいこのくらい離れた距離での釣りしてました(笑)
 結局日没まで粘るも二人ともバスをキャッチできず終了。初の共同企画は渋い一日となってしまいました。しかし一日ベイトオンリーでフルキャストを続けたこと、知らない場所を探検できたこと、そしてすばらしいアングラーに出会えた歓びで、ノーフィッシュながらも清清しいストップフィッシングでした。
 有田川の印象は、バスはたくさんいる訳では無い、でも確実に50upはいるし、夏の時期ならまた違った顔を見せてくれるかもしれない・・・そんな感じでした。
 今回メインで使っていたのはDゾーン、スレッジ、デスアダー、最後にブラッシュホグ。山本氏はウオデスとデスアダーでほとんど貫いておられました。
 山本氏から受けた印象は、自分のフィッシングスタイルに確信を持っておられる人だな〜ということ。そしてストイックなまでにキャストを続ける姿勢は自分自身も見習いたいところです。そしてグロテスクな(失礼 笑)サイトのデザインとは対照的な明るく非常にマナーのよいアングラーでした。 
  またこれからも共同企画は続いていくと思います。宇治川、琵琶湖、まだ見知らぬフィールド・・・いつかパワフルな釣りでビッグフィッシュを連発したいですね!!お疲れ様でした〜

一日を終えて記念撮影
釣りのテンポが似ているのか、楽しい一日でした。
いつか両手にビッグフィッシュを抱えてみたいですね。
帰りの車も盛り上がってました。
これからも色々企画しましょう!!