3/23 鴨谷池

 3/23、「裏ワールド」のリミットを達成すべく鴨谷池に行ってきました。開始は午後4時(遅すぎ・・・)水温は11.5度。気温の高い日が続いているのでもっと上がっているだろうと予想したのですが、意外と水温の上昇が遅れている気がしますね。こんなものなのでしょうか?
 
 この日は天気の良い日曜日ということもあり、たくさんのアングラーで賑わっていました。
 いいポイントはすべて先行者に入られているし、「ここはどうかな?」と思ったエリアも反応が無かったので、すでに叩かれた後だったのかもしれません。
 そんなこんなで、裏山を掻き分けて人の居ないところを開拓してみました。
 なんとか人一人が立てるポイントでアプローチを開始。サイトマスター越しに捉えた水中の倒木とその周りのウィードを狙ってみることに。まずはウィードにDゾーンを通し、4ポンドラインのミートヘッドダウンショットにローテーション。ダウンショットにバイトがあるもフッキングミス。かなり小さかったです。
 その後、倒木にダウンショットを入れてみる。掛けても獲れるかどうか分からない危険な行為です。「なんとか釣りたい」という根性というかあがきというか・・・しかし無反応。諦めて1/2ozのDゾーンを通すと一投目でヒット。37cmのプリスポーンでした

 その後ダウンショットに一度バイトがありましたがやはりフッキングをミスしてしまいました。

 暗くなってきたので山を掻き分けながら戻っていく途中 、フェンウィックのロッドにワンマイナスっぽいクランクをセットしたアングラーと出会いました。
 僕が釣ったところを見ておられたようで、「スピナーベイトで釣りはったんですか?」と話しかけてきてくださいました。こちらも「どうでした?」と聞いてみると、「クランクで1本掛けたんですが立ち木に巻かれてしまいました〜」とのこと。

 水温もこれからどんどん上がると思いますので、場所とタイミングを間違えなければハードルアーで当たってきそうですね。こないだの光明池でも感じたのですが、シャローは午後4時半を回ったくらいから動き出すような気がします。色々な要素があると思うのですが、一つには日暮れ前に小さな虫が水面の近くを飛び回りだします。これにベイトフィッシュが反応しているような気がします。最後まで諦めずに投げ続けましょう。


←こちらは3/7(金)に鴨谷池で釣った35cm
 ルアーは同じくDゾーン。
 このルアーに出会って以来、他のスピナーベイトをほとんど投げなくなりました。
 明確な縦揺れアクションでアピールが高いというのと、キャストがしやすいというのがいいですね。良いサイズが釣れますし(これはスピナーベイト全般に言えますが)。

 鴨谷池は割りとクリアなので、シルバーブレードの「ブルーギル」カラーが個人的には実績があります。
 濁りが入った時は、ゴールドやホワイトブレードのほうがいいような気がしますが。
 ちなみに、今回は「カバーフラッシュ」カラーのダンデムウィローです。
 僕は水深のあまり無い野池ではダブルウィローよりダンデムウィローを多用するのですが、皆さんはいかがでしょうか?


NEXT PAGE