7/19 鴨谷池

 気が付けば一ヶ月以上更新していませんでした。最近は満足に時間が取れず、釣果もあまり芳しくなかった気がします。
 7/19(土)、夕方5時から鴨谷池に出向いてみました。
 ものすごいウィードの量で、所によってはトップウォータープラグでさえ使用できない程です。
 とりあえず、スタートはトリプルインパクト。しかし残念ながら反応が無いためラドスケールにスイッチしてみるも、やはり無反応。
 ちなみに個人的に、トップウォータープラグとして、サウンドと引き波はトリプルインパクト、水押しと飛距離はラドスケールといった使い分けになってきそうです。

 この日は2時間ほどの予定だったので、タックルはトップウォーターのほかにはスピニングしか持っていませんでした。ウィードの上をカットテールのワッキーで流してみるも反応が無いので、リーチのダウンショットに変更。ウィードの切れ目を丁寧に探ってみるとようやくバイト。30cmほどのバス。
 その後、ウィードとリップラップが上手くコンビネーションしているエリアを発見。「ここは釣れそうやな〜」と思いながら探りを入れるとやはりバイト。なかなか元気な38cm。
 もう一ヶ所、ハードなボトムにキレイなウィードが生えているエリアを発見。エッジにダウンショットを通すとあっさりバイト。同じようなサイズでした。
 その後、2本目の38cmを釣ったエリアに戻り30cm程のバスを1本キャッチ。その後、日が暮れるまでトップを投げ続けましたが、残念ながら水面は割れませんでした・・・

 この日は、大雨の後の快晴ということで、気圧が上がったせいかボトム系の釣りが良かったようです。
 実際ウィードがたくさんあるので、その上をトップウォーターやノーシンカーで流すとよく釣れることが多いのですが、どうしてもそういった釣りでは効かなくなることがあるようです。そういった時は、ウィードの切れ目をじっくり狙ってみたり、ヘビータックルでウィードの中にテキサスやラバジをねじ込んで見ると反応があります。
 この日使用したのは、4ポンドラインのスピニングにリーチのダウンショット。フックは最近溺愛している目探ハンターフックの3番でした。個人的な思い込みかもしれませんが、このフックは非常にバラシが少ないような気がします。ライトタックルだとやり取りの時間が長くなりますし、ジャンプされることも多くなりミスの可能性も増えるので、信頼できるフックがあるというのは心強いです。実際この日も4本掛けてミスフィッシュは0でした。

7/21 光明池

 夕方6時から、最近買ったジェネリックの泳ぎを見るために光明池に行ってみました。
  光明池の詳細は「Diary」にアップしておきました。
 とりあえず、最近あまり投げていなかった重量系の本格派スイムベイトということで、楽しいルアーでした。フラットバックのものとそうでないものがありますが、今回はフラットバックを使用してみました。
 動きとしては、タロンがさらにテールを激しく振るような感じでしょうか?なかなか浮き上がりにくいので早く巻いてもしっかりアクションしてくれるのがいいですね。これから使い込んでいきたい所です。
 しかし残念ながら50アップのチェイスはありませんでした(笑)

 次回の更新はおそらく8/2の共同企画になるかと思いますが、気長にお付き合いをお願いします。

 

NEXT PAGE

FISHING B.B.S. TALK Impressions BigBait Diary
PHOTO LINK PHP MAIL RANKING