9/20 七色ダム

 9/20、「毒蛇愛好会」の山本さんからお誘いを頂き七色ダムに行ってきました。午前3時に出発しましたが、169号線を走り、亀裂問題で運用開始が大幅に遅れる大滝ダムの側を通る頃からパラパラと雨が降り出しました。一度は止んだものの、天気予報どおり雨の中での釣りが予想されました。

 午前6時、「ひさや」から出船。
 今回は4セットのタックルを準備。スピニング2本にテキサスリグや巻き物用のウォリアー2、それにモンスタークイーン。
 山本さんのオススメエリアである、大又川中流域からスタートフィッシング。滝がありその周りにシャローが広がっているエリアで僕も前回の釣行時に少し釣ったエリアでした。
 
 1投目はモンスタージャック。しかしリールにトラブル発生(笑)ラインが噛みこんでおります。普段からの管理不行き届きが浮き彫りになります。
  仕方が無いので後で直すことにしてトリプルインパクトをキャスト。いきなり「パシャッ」とトリプルにしては地味なバイト。「いきなり釣れた〜」まあまあサイズのウェルカムバスでした。


 その後、トリプルを投げると、結構深いところから上がってきてチェイスしてくるのが何度か見えました。
 「バスはシャローじゃなくて少し深いところにいるかもやね」などと話しながら大又を探る。しかしトリプルの魚を寄せる力は流石。

  一度試しに、シャローから落ち込んでいくブレイクにダウンショットを投げてみることに。するとやはり1投目からバイト。残念ながらバラしてしまいました(バラシ屋ステッカーよろしく)が、なんとなく「ブレイクの深いほうにいるな」と感じました。


 最初に釣れたポイントに戻り再びブレイクにダウンショット。やっぱりバイト 。「きましたよ〜多分小さいけど(最初は全然引かなかった)」と言うと、魚の姿を見て「デカイですよ!」と 山本さん。なかなかのファイターで手前に寄せてくると思いっきりジャンプして果てしなくディープへ突っ込んでいく元気なバスでした。ULロッドに4ポンドなので無理は出来ないものの、引きが弱くなってきたところで、ヴァイパーレッドX−HEADUの強靭なバッドパワーでリフティングしてランディング(by山本さん)42cmのナイスバス。

 その後、大又と本流の合流付近に移動する。この頃から雨が激しくなってきました。しかも結構寒いし・・・ここもロケーションは良いのだがニゴリがきつい。前回よく釣れた本流のTsONの対岸に移動。ここでもニゴリがきついのでなかなか集中できない。山本さんが1匹キャッチするものの、「やっぱり大又やね〜」とUターン。
 大又上流でモンスタージャック大会。立ち木から追っては来るもののなかなかヒットしてくれない。
 雨が激しくなりプレッシャーが低くなったのか山本さんのモンスタージャックにヒット!するもバラシ・・・
 結構追ってくるのでテンションは上がるのですが、なかなか釣れません(笑)時には20匹以上の40アップの群れが一斉に立ち木から出てくることも。もはや大騒ぎ。でもそのポイントに他のルアーを投げても無反応。バス釣りは奥が深いですね。
 12時、立ち木周りではなかなか食ってくれないので、朝と同様ブレイク狙いに変更。
 手堅く「七色サイズバス」 を5匹追加。どうもこの日は一日で1mほど減水したようで朝と比べるとサイズが徐々に落ちていくような気がしました。
 
  雨が激しく、体力も気力も使い果たし、「少し早いけど帰りましょうか〜」、ということでスロープまで流しながら帰ることに。
 リーチを使い果たしたので、スーパースレッジをセレクトしてシャローの立ち木や小さな岬などを狙っていく。

 とある立ち木の脇に投げてワンアクション入れるとバイト。最後の最後にシャローのグッドフィッシュを釣ることが出来ました。

 今回は「秋で台風間近の七色ダム」ということで大爆釣を期待していたのですが、 蓋を開けるとなかなか厳しい状況でした。特にシャローがイマイチだったようですが、40アップも釣れましたしプラグでも釣れましたので、まあ良しとしておきましょう。

NEXT PAGE

FISHING B.B.S. TALK Impressions BigBait Diary
PHOTO LINK PHP MAIL RANKING