ようやく今年はじめての釣行紀更新です。今年はスロースターターです。

 4/3 光明池
 裏ワールド初日。一発狙いで光明池のバックウォーターへ、約二時間ほどの釣行。
ルアーは、モンスタージャックとACハッチェリートラウト。しかし、イマイチ流れ込みの水の色がよろしくない様子。ACの艶かしさに酔いしれるも、魚の反応は皆無。他のシャローを攻めようと思ったのですが、ヘラーが多くビッグベイト投げたらさすがに怒られそうなので退散しました。他の野池を幾つか見て周ったのですが、ネストのある野池もありました。

 4/4 鴨谷池
 午前中、豪雨の中の釣行でした。とにかく寒いし・・・スポーニングシャローの少し沖にあたるウィードエリアをスピナーベイトで流してみるも突付いたようなバイトが一度あったのみ。
 ラバージグとスワンプクローラーのワッキーのローテーションに代えると、グッドフィッシュが次々とバイト。しかし、寒さのせいか体が動かずフックミス、掛けてもバラシ、枝に巻かれてあえなくロスト・・・などなど気が付いてみれば屈辱の5バイト4ミスフィッシュ。もはや修正できないまでに歯車が狂ってしまいました。結局取れたのはラバージグでの1本、30cmあるかないかのバスのみ。魚を見つけ、食わせ方も分かったのに最後の詰めを誤った、痛すぎる一日でした。

 4/6 鴨谷池
 4/4とはうって変わって快晴。日中12時〜16時までの釣行。ACミノー7inをメインに、ストラクチャー絡みはスピナーベイトとラバージグでフォローする作戦。
 バスは一気にスポーニングに入った様子で、リップラップの隙間などではネストを多数発見しました。まだカップリング状態のものもいましたが、サイズが小さいのでサイトはパス。相変わらず沖のウィードを狙ってみることに。
 しかし、スポーンに入ってしまったのか、はたまた天気が良すぎるのか、完全に沈黙。
 「終わっちまったな〜・・・」と精神的に切れかけ、何気なくドシャローのアシの隙間に、冬場人知れず練習したバックハンドサークルキャストでスピナーベイトをキャスト。10投に1投決まるか決まらないかくらいの低弾道キャストがマグレでアシのポケットにスピナベを滑り込ませ、リールを1回転巻いた瞬間、「ドン」と重いバイト。ロッドを曲げてくれたのはナイスファイターな41cm
 たいして大きなサイズではないですが、もう諦めかけていた時に獲れた40オーバーでしたので、なかなかにドラマティックな1本として記憶に残りそうなバスです。
しかし、この後は全くのノーバイト。まぐれアタリだったといことが証明されてしまいました(笑)


 番外編 3/27 七色ダム
 はっきり言ってダメダメでした。
 T’sON前で「なんちゃってミッドストローリング」に一発ものすごく気持ちいいバイトがあったにもかかわらず、乗らず・・・
 西の川のバックウォーターでモンスタージャックを投げると、追ってくるバス、カバーから飛び出してくるバスはたくさんいるものの、結局バイトにはいたらず。
 午後からはダムサイドからの強風でライトリグが使えずあえなくギブアップ・・・。まだまだ修行が足りません。こういう状況でもしっかり船を操って、魚を獲れるようにならないとね・・・
 反省点としては、「もっと明確に絞り込めばよかった」ということでしょうか。風の影響を受けにくい西の川で腰据えるなり、シャローをひたすら打ち続けるなり・・・
 1発の奇跡を狙うなら、やはりスイムベイトか超シャローだと思います。実際西の川ではビッグベイトへの反応はありましたし、大又上流では山本さんのキャストしたラバージグにレイダウンからバスが飛び出してきたのも確認できました。本流のプレッシャーの低いエリアをラバージグのロングディスタンスピッチングで狙えば一発出たかもな・・・と今になって後悔しています。まあ、大又も西の川も全部見れたということで今後の糧には出来るとは思うのですが。

 今年は去年ほどたくさんは釣りにいけないと思うのですが、一つのテーマとして「キャスティングの技術の向上」をテーマにしようと考えています。
 バスに対するプレッシャーが高まってきている今日この頃、より遠くからより静かに、カバーに対してもより低弾道に正確に、を心がけていきたいと思います。スピナーベイトやラバージグは言うに及ばず、ビッグベイトなどでも遠くから正確に撃てることが目標です。 特に岸釣りやリザーバーでのアルミボートからのオーバーハング撃ちの場合、バックハンドからいかに正確に投げれるかというのが釣果の差に直結してくるのではないかと感じています。

 今シーズンは出来ればスピニングなど握らず、パワーのある釣りを全面に押し出したいと思っているのですが、釣り人が多くプレッシャーの高い週末の野池などでは、必ずしも大きくてバルキーなルアーがビッグフィッシュを連れてきてくれるという訳でもないようなので、なかなか煩悩の断ち切れない日々が続いています。それでも、たまには「今日はビッグベイトとフォローにラバジオンリー」みたいな釣りもしようと思っています。

NEXT PAGE

FISHING B.B.S. TALK Impressions BigBait Diary
PHOTO LINK PHP MAIL RANKING