8/17、琵琶湖オフ。

 今回はデスアダリスト山本氏と「こっそりin琵琶湖釣れなかったら行ってなかった事にしちゃうぞ)」企画。
 
 5時前、今回も山本さんのフォレスタに乗せていただいてビワコマリンに到着。まだお盆休みの人も多いのか、既に駐車場は夜明けを待つアングラーでいっぱい。
 
 いよいよ出船、前回ロクマル級をバラしているので今日はリベンジと行きたいところだが、最近は調子が悪くデカイのに見放されているので「とりあえずキロフィッシュ」が目標。
 
 まずは前回のオフでジャクソンXさんに案内していただいた下物沖の「ジャクソンポイント
 ここでまずはビッグベイト「極悪コチャックル」を投入。子一時間引き倒すも反応無し。
 空は曇り空、かと思うといきなり豪雨になる。その後は太陽が照りつけるという訳のわからない天気の移り変わり。
 
 表層に反応しないので、「少し潜らせるか」とスタッガー5gテキサスをキャスト。
 何と、数投で強烈なバイト発生!
 前回バラした残像が蘇り、追いアワセまで入れて上がってきたのは残念ながら50には届かないサイズ。ちょっとガリクソンですがナイスファイターでした。
 
 「これはイケルで〜」と意気込むもその後は無反応。
 結構「朝一の一発はマグレで終わる」ジンクスが多いので不安がよぎる。そしてこれは現実に・・・
 
 湖流が絡みそうな木の浜〜浮見堂沖〜とエリアを移動して行くも良くて30cmくらいの子バスがスワンプに食ってくるくらい。子バスはいくらでも釣れるが・・・
 
 仕方がないので「ジャクソンポイント」に戻る。
 
 北からの風に流されながら釣っていると、浚渫で出来たであろういい感じのブレイクを発見。エレキでポジションを取り直してキャストしていると、後ろの山本さんのジグヘッドにまあまあサイズがヒット
 「お!いいですやん」と自分のロッドをデッキに放り出してネットマンに変身。この日のために山本さんが購入してくれた真っ赤なネットを構え無事キャッチ。
 
 フロントデッキに戻り再びロッドを握ると、「あれ、なんか食ってるわ(笑)」しかもまあまあ強い引き。ジャンプしたのは40アップのキロフィッシュ。しかしタックルは琵琶湖専用に導入したテムジンイレイザー+スーパーハード5ポンド。40アップ程度のパワーでは相手にならない。ボート際の突進もあっさり止めて魚を浮かせてネットイン。
 
 湖のど真ん中、それまで全くバイトがなかった状態でもちょっとボートの位置を変えると連発することがある。それだけ浚渫というのは魚のいる所といない所がはっきりしているんでしょうね。正直「マイボート+マイ魚探」が欲しい今日この頃です。最近、カートップなら置くところも出来たので導入を真剣に検討しますか(笑)
 
 しかし、夏の琵琶湖は暑い・・・気温も水温も低く日陰の多い山間のリザーバーとは比べ物にならない暑さ。正午、あまりの暑さに一旦マリーナで休憩。
 
 夕方、「最後に感動的なビッグバイトを」と僕はスタッガー&ビッグベイト、山本さんはジャヴァロン160でランガン。
 しかし風向きが変わったのかノーバイトという返り討ちを食らうハメに・・・そして午後五時無情のタイムアップ。
 
 ビワコマリンの「ダミ声おばさん」の「今日は50アップは無かったわ」の言葉に多少救われたものの、やはり物足りなさが残る一日となりました。
 まあ12時までに3キロ強のスコアは作ったので前回のオフよりは全然マシやけど(笑)、もうちょっと涼しくなったらまた行きましょう!

NEXT PAGE

FISHING B.B.S. TALK Impressions BigBait Diary
PHOTO LINK PHP MAIL RANKING