山田ダム 8/19

 久々の釣行紀です。お盆休みの8/19に再び山田ダムに行ってまいりました。どことも減水が激しいですが山田ダムも例に漏れず10m近い大減水。いつもはダムの底であろうエリアに立っていると不思議な気持ちになると同時に、「今の時期にボトムの変化を頭に叩き込んでおかなければ!!」という気持ちになります。ダムなどでは特に思いもよらなかったところに大きな馬の背があったりして増水した時にいい思いをしたりすることもあります。今回もなかなかいい感じの水中の岬を発見しましたのでまたいい結果が出ましたら公開したいと思います。

 さて当日は、台風の影響で時折強い風が吹く、曇り空でした。「真夏のダムのパターン」と勝手に決め付けている縦ストラクチャーへのトップウォーターとノーシンカーのフォーリングをメインに組んでいくつもりだったのですが、「キーパー場」であるダムサイドが減水によってつぶれてしまいその他の岩盤エリアへのアプローチもブルーギル一尾という結果でした。そこで風の当たる岬になったエリアでスレッジ6をジャークすると30cm弱のバスをキャッチ。さらにスプリットショットで少し大きめがヒット。前日の雨や曇りで涼しい天候からバスは広く散っているのではないかという印象を受けました。それで縦ストラクチャーへのフォーリングを捨てて、ブザービーターチャートリュースを大遠投のファンキャスト。30cmオーバーを2匹キャッチ。いいサイズは沖のエリアを回遊しているのか?といった印象でした。前回の5匹に比べると一匹少なかったですがサイズも上がりましたしハードベイトメインで釣っていけたのでなかなか楽しかったです。これにスイミング系のライトリグでフォローを入れていければさらにいい結果が出るかもしれませんね。

 この日は結果的にはブザービーターが活躍したのですが、やはりこのルアーはサウンドもアクションも非常にアピール度が高いわけで同じエリアで投げ続けると反応がパッタリと止まることが見受けられます。こういった時この日はノリーズのラトリンジェッターローサウンドモデルにローテーションしました。するといままで反応が無かったエリアで突然ヒット!しかもこれが二回も!!で、二回ともバラシ!!!(笑)少し残念でしたが、ひとつ面白い使い方を発見しました。実際、ジェッターの生みの親である田辺哲男さんもこのルアーをクリスタルSのフォローとしてスローロールさせて使っておられるようです。ブザービーターとは同じカテゴリーでありながら対称を成すルアーかもしれません。バイブレーションが有効な時にぜひ試してみてください。

←本日はこのサイズが4匹、これはZOOMのミートヘッド。
スピニング主体のゲームを想定していたのにふたを開ければウォリアーUを振り回し、テムジンガゼルでジャークしまくってました(笑)











NEXT PAGE