1. WalkOnWater
  2. ソルトウォーター
  3. Fishing
  4. 2008_08_27 大阪湾シーバス

2008_08_27 大阪湾シーバス

諸事情(といっても暑いとか眠いとか、そんな理由)で少し離れていたシーバス釣りを再開。

8/20〜数回の大阪湾奥〜神戸方面の釣行を重ね、何度か良いバイトを得たのだが残念ながらバラシ連発でキャッチするには至らなかった。
しかし、イワシやサヨリなどのベイトが多く、シーバスのバイトも冬や春とは違い「ガツン」と強い反応があることから、タイミングがあえば炸裂するのは時間の問題だと思う。

そんなこんなで8/27日早朝、大阪湾某所。
中潮、天気は曇り、風も少しきつい。
3時半スタート。日が昇ったら終了の1時間半勝負。

風オモテのエリアを選択、結構シーバスがボイルしている。
岸際でもボイルしてるし、沖でもボイルしている。
どうやら潮目が岸近くに存在しているようだ。

X−80でスタート。
早速足元でピックアップバイトしてくるが掛からない。

ローリングベイトにも追いかけてくるがバイトしない。

ボイルしてるから「トップか?」とペンシルベイトを撃ち込んでみるが反応は無い。

ベイトが小さいのか?所謂「サーモクライン」なのか?
結構派手に補食しているように見えるが、実際はかなり微妙な状況なのだろう。

こういった時の切り札的存在、「ヤルキスティック」を投入。
このルアーのいいところは、タダ巻きしてもうまい具合にラインスラックを出しながらアクションするので非常にナチュラルであり、尚且つシーバスの補食スイッチに火をつける要素を兼ね備えている何かがあることだと思う。
僕の期待にこたえたヤルキスティックは一投目からシーバスに食われた

60cm強。

この時期のシーバスはやっぱりファイター。派手にジャンプしてくれた。

ヤルキスティックガッツリ

この頃から雨が降り出した。
レインを着るために一度車に戻ろうかとも悩んだが、この時合を逃すのが惜しくて雨に打たれながら続行。

再び60cm強。

一応記念撮影(しかし雨のためか失敗)

さらに同じようなサイズを追加。

キャッチしたのは3本だが、実はその倍はバラしている(笑)獲った魚は少ないが、気分は爆釣(あくまで気分)
ベイトが小さくてシーバスの吸い込みが弱いのかな?

日が昇ってきたのでレンジを下げようとローリングベイトにチェンジ。
スローリトリーブで探ると、微妙なバイト。
クルクル周りながら上がってきたので、「しまったボラを掛けてしまったのか?」と思いながら抜き上げ。

なんと25cmほどの大きなアジだった。

群れが入ってきたのか?と即〆ですぐに次の魚を狙うがどうやら超マグレだったようだ(笑)
煮付けにして食べたが超ウマでした。

5時半で午前の部は終了、夕マヅメは林崎漁港をチェックしてみたのだが結局ノーバイト。
良い感じでベイトは入っていたので何らかのフィッシュイーターと遭遇出来そうだったのだが残念。

でもあの辺りへ行くと景色もきれいで癒されます。
青物も面白そうだし。

ここ最近思うのだが、ライトスポットの真下にすぐに入ってしまうアングラーが多い気がする。
この日も魚が釣れたのは、ライトエッジ、所謂「明暗の境界線」だった。
シーバスはライトスポットを意識してベイトを補食しているのに、アングラーがそのライトスポットの真下に立ってしまうというのは、魚にスポットライトを浴びた自分の姿を見せ付けることになり確実に魚に警戒心を与えてしまう。
生エサを使うのならともかく、ルアーというニセモノで魚を騙して釣るのだから不要な警戒心を与えることはマイナス以外の何物でもない。
実際この日ももう一人のアングラーがこのような立ち位置で釣りをしていたのだが、全く釣れていなかった。

それよりもライトスポットから離れたところに立ち、警戒心を持たせないようにしてライトエッジ周辺を少しずつ丁寧に探っていくほうが圧倒的にバイトを得れるはずだ。

ポイントをどう攻めるかのポジショニング一つでバイト数が大きく変わってしまう。

僕の周りでもシーバスをやる人が増えてきたが、こんなことに気をつけながらやってもらえたら一番楽しいシーズンなのでぜひ嵌ってほしい。
今後はベイトや天候に左右されながらだとは思うが、嵌れば面白い釣りが出来るシーズンだと思う。
オカッパリでバスをたくさん釣れる人はシーバスもいっぱい釣れると思います。

ページの先頭へ