1. WalkOnWater
  2. ソルトウォーター
  3. Fishing
  4. 2008_1_13 大阪港湾にて・・・

2008_1_13 大阪港湾にて・・・

1/13日、午後。
電話が鳴る。

ヤツだ・・・

バス釣り仲間、M氏。

今日、シーバス行くやろ?奇遇やな。僕も行くんでガイドよろしくね
こちらの行動パターンはすでに完全にヤツに掌握されているらしい。

とりあえず午後4時半、某港湾部に集合。
今日は僕、M氏、野球部エースI君、M氏の近所の中学生K君の4名。

まだ日が高いので、「ウィンター岸ジギ」を試みる。
場所は夏にtoshizoさんと来て以来のエリア。
北風がまともにあたる。そこそこ水深があるし、他のアングラーもいないので期待が高まるがノーバイト。

、とM氏が「来たー!!」と叫ぶ。
リトルジョージでボトム付近をテクトロしていたらガシラが釣れたらしい。ウラヤマシイ。

日が落ちてきたので明暗が効いてきた。
サスケにチェンジして明暗を探るとセイゴがヒット
この場所ではじめて釣りましたよ。

午後6時、移動。
2箇所目でサスケにいきなりバイト。ゴミみたいなアタリなのでたいした事ないサイズだと思っていたのだが、ジャンプした魚は港湾の魚にしてはまぁまぁ。
ネットを伸ばしランディングしようとすると、痛恨のフックオフ!
しかしフックを外した魚はタモの中に滑り込んできた。

こういうときはツイてる。調子がいい日だと思う。
今年初の60アップ。

その後ローリングベイトで一匹バラス。

移動。
前回良かったところなのだが、今日はミスバイトの嵐。
シーバスってベイトよりも潮の流れが大事だと思う今日この頃。

こっちがショートバイトに苦しんでる中、シーバスは半年振りのM氏がテクニカルなミノートゥイッチで一度ルアーを離したシーバスにもう一度追い食いさせるという業を披露。55cmをキャッチ

つづいて同じミノーでガシラもキャッチ

M氏、お土産が一杯です。

僕もなんとかローリングベイトで一匹追加して終了

今回は釣れたシーバスのうち、60アップ以外を持って帰ってみた。
早速家で捌いてみるが、シーバスって骨が太い!
結構苦労しました。

ハーブと塩コショウで下味をつけて小麦粉をまぶしてバターで炒める。
とてもおいしそうには見えないが、恐る恐る喰ってみると、なかなかウマイ・・・複雑な心境。

とりあえず食べるなら少し小さめのサイズがいいと思われます。
今回は30cmくらいのと45cmくらいのを持って帰りましたが、30クラスのほうが圧倒的に身がやわらかかったですね。
そして2匹で十分お腹一杯になります。

しかしここのところサイズはイマイチですがコンスタントに釣れてます。この状態がいつまで続くのか気になるところです。

ページの先頭へ