1. WalkOnWater
  2. Talk
  3. 妄言

Talk

サイト公開に先駆け、全く書くことが無いこのページ。
今年はフィッシングショーにも行けないし。
と言うことで去年MixiやNanotyに書いていた妄想をアップ。(早くも駄コンテンツの予感)

いかに簡単に釣るか

最近は、「いかに簡単に釣るか」ばかり考えている。

小難しいパターンや、繊細なリグではなく、ただ投げて巻いて、出きれば5キャスト以内に答えが欲しい(笑)

以前は数釣りを全否定していました、僕は。
しかし、最近は数釣るテクはすごく必要な気がします。
それは、大きなバスも含め「獲り合う」ことでスイッチを入れることが出来るような気がしているから。そして「リズム」を作るためにはやっぱり魚を釣っていかないとダメだから。

後は、ストラクチャー。
ストラクチャーに着くバスを狙うのではなく、ストラクチャーを使ってバスにギリギリまでルアーを見せないようにする。そして、突然バスの目の前にルアーを出す。

どれだけ魚の目の前にルアーを通しても、見せ方が悪いと食わない、というかダマセナイんだと思う。単発で回遊するデカイやつにあえてビッグベイトが良いというのもなんとなく頷ける。ビッグベイトは存在がデカイだけではなく、その水押しがラインの存在を消すのだと思う。

多分、釣れる人と連れない人の差は、ルアーでもロッドでもラインでもないと思う。いかに「騙してやろう」という探究心の強さの差なんだろう。

久しぶりに欲しいと思わせるルアー

久しぶりに物欲が煽られたw

http://www.depsweb.co.jp/highsider/highsider-h.html

DEPSの新作。
ハイサイドってバイクのレース用語ですよね、確か。

ジャバロンハードも面白そうだったけど、個人的にはこっちかな?ビデオで観た印象は、ジャバハーはかなり美しいアクションのぶん、食いつかせるのに苦労しそう。どちらかというと流れのあるフィールド向きかな?
止水ではDEPSのほうが面白そう。

ただ、ジャバハーはスローシンキングだから、それはそれで面白いと思う。S的な誘いが出来るんで。あと、リップレススローシンキングってのは何かバスを狂わせるものがある。目の前でジョイクロにバスが喰ってくる時なんか、明らかになんかキレてる気がするし・・・

特に夜だったりロングキャストしたりだとすると、チェイス見えないんでオートマチックに喰わせアクション入れてくれるルアーは重宝します。ティンバーとかジョイクロなんかはその辺よく考えてますね。

バスとシーバス

今年は結構シーバスを釣ったのでバスとシーバスについて自分なりに気づいたこと。

バスとシーバスの似ているところは両方ともストラクチャーや何かの変化についている可能性が高いということ。
だから海に行ってもいきなり沖に遠投するのではなく、岸沿いの小さな変化を見れるようになるとヒット率が上がる。

ただ、シーバスはバスほどストラクチャーに対して執着心がないような気がする。バスだと居るところには必ず着いていて、一度食わせられなくても時間を変えて執拗に攻めると大概落とせたりする。
シーバスは良いストラクチャーに見えても釣れない時は釣れない。

バスが「ストラクチャー」という1の要素だけで釣れるとしたら、シーバスの場合は「ストラクチャー+α+β」くらいの条件が揃わないと手堅く釣れることはないと思う。良いストラクチャーでもベイトもいないし風も潮も当たらないとなると厳しいことが多い。
逆に条件が揃うと簡単に連発する。バスとは比べ物にならなくくらい簡単。

バスとシーバスの違うところは、シーバスはサブサーフェイスの意識がすごく強いということ。
バスでも今江さんが「銀幕理論」を唱えたり、スピナベのガーグリングや一時期のビッグベイトブームなんかでサブサーフェイスへの意識は高まっていますが、それでもシャローを基本にした話であってただサブサーフェイスだけで釣れてしまうという事はあまり無いような気がします。
シーバスだとベイトに付いていたり光が絡むエリアなんかだと、何のストラクチャーも無い水深が5mのエリアでも、30cmしか潜らないリップレスミノーにドガンと出ます。でも1mくらい潜るシャッドやトップにはあまり反応しない。
この辺はバスが長い僕にはすごく新鮮です。

ページの先頭へ